BLOG
New May 31, 2018

【SOHYA TAS】6月臨時休業のお知らせ

【SOHYA TAS / 6月の臨時休業日に関して】
いつもSOHYA TASをご利用頂き誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、以下の日程をお休みさせて頂きます。

<SOHYA TAS 臨時業日>
2018年6月6日(水)
     27日(水)

なお両日中にいただいたお問い合わせに関しては翌日より順次ご対応させていただきます。
大変ご不便をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。

(H)

April 17, 2018

【SOHYA TAS】ARATAアクセサリー展 4/20(金)~5/13(日)

IMG_3371.jpeg

-和紙の可能性を新たなかたちに-
ARATAは、和紙に新しい発想とデザインを融合させたアクセサリーブランドです。
SOHYA TASでも人気のARATAを期間限定拡大展開いたします。
和紙だからこそ表現できる上品さ、ぬくもり、懐かしさ。
普段はお取り扱いのないアクセサリーたちもこの期間だけ特別にご紹介いたします。

期間 2018年4月20日(金)〜5月13日(日)
場所 SOHYA TAS (千總ビル2階)
時間 10:00-18:00

皆様のお越しお待ちしております。

(H)

March 27, 2018

SOHYA TAS 販売スタッフ募集

現在SOHYA TASでは販売スタッフを募集しております。

main.jpg

千總が長い歴史の中で所蔵する数々の美術染織品を展示する「千總ギャラリー」に併設するショップとして、日本の美を発信しています。また、店舗のまわりは京都御所や京都市文化博物館など、歴史を感じる三条烏丸エリア。
伝統を背景に現代に向けて展開されるストールやアクセサリー雑貨の魅力をお伝え頂く、ショップスタッフを募集いたします。

【業務内容】 接客販売、及び販売に係る事務
【雇用形態】 アルバイト(契約社員登用有り)
【募集人数】 1名
【勤務時間】 9:00~18:30 ※週2、3日〜、勤務時間はご相談頂けます。土日勤務できる方歓迎。
【給与】 時給860円〜、昇給有り、交通費支給
【備考】
※20代〜50代までのスタッフが活躍しています。
※未経験者歓迎。
※ショップ販売経験者歓迎。

【店舗情報】
〒604 - 8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80番地 千總ビル2F
京都市営地下鉄「烏丸御池」駅 6番出口より徒歩3分
営業時間:10:00 a.m. - 6:00 p.m. *年末年始休業有
ご質問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
皆様のご応募お待ち申し上げております。

【お問い合わせ先】075-211-3905(千總グループ株式会社エス・ニシムラ)

February 2, 2018

2018SS CHISO STOLE COLLECTION 発表

【2018SS CHISO STOLE COLLECTION 発表!】
この春のテーマは「明治」

千總に残る約2万点の染色資料より、明治期に作られた帛紗図案や軸の資料を元に遊び心溢れるコレクションができました。
SOHYA TASでは2月頭より販売開始。

2018_01_15_0804.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
2018_01_15_0572.JPGのサムネイル画像

ストールを纏うのが待ち遠しいこの季節。
100種類以上のストールが並ぶSOHYA TASにて皆様のお越しを待ちしております。

*Online Storeでの2018SSは2月中頃に販売を開始いたします。もう少々お待ちくださいませ。


December 27, 2017

SOHYA TAS 年末年始休業に関して

2017年も残すところあと僅かになりました。
本年も格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

2017年もたくさんの方々にお越し頂き、新しい出会いに感謝の一年となりました。

さて、年末年始ですが誠に勝手ながら、以下の期間お休みさせて頂きます。

<SOHYA TAS年末年始休業日>
2017年12月29日(金)〜2018年1月4日(木)

なお、オンラインショップに関しても同期間配送作業を停止致します。ご了承くださいませ。

1月5日(金)からは通常通りの営業となります。
年末年始休業日中にお寄せ頂いたお問い合わせに関しましては、1月5日(金)より順次対応させて頂きます。

大変ご不便をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。

SOHYA TAS スタッフ一同

November 26, 2016

SOHYA TAS 店舗スタッフ募集

現在SOHYA TASでは販売スタッフを募集しております。

2015_06_16_0006.JPG

千總が長い歴史の中で所蔵する数々の美術染織品を展示する「千總ギャラリー」に併設するショップとして、日本の美を発信しています。また、店舗のまわりは京都御所や京都市文化博物館など、歴史を感じる三条烏丸エリア。
伝統を背景に現代に向けて展開されるストールやアクセサリー雑貨の魅力をお伝え頂く、ショップスタッフを募集いたします。

【業務内容】 接客販売、及び販売に係る事務
【雇用形態】 アルバイト(契約社員登用有り)
【募集人数】 2〜3名
【勤務時間】 9:00~18:30 ※週2、3日〜、勤務時間はご相談頂けます。土日勤務できる方歓迎。
【給与】 時給850円〜、昇給有り、交通費支給
【備考】
※20代〜50代までのスタッフが活躍しています。
※未経験者歓迎。
※ショップ販売経験者歓迎。

【店舗情報】
〒604 - 8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80番地 千總ビル2F
京都市営地下鉄「烏丸御池」駅 6番出口より徒歩3分
営業時間:10:00 a.m. - 6:00 p.m. *年末年始休業有

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
皆様のご応募お待ち申し上げております。
【お問い合わせ先】075-211-3905(千總グループ株式会社エス・ニシムラ)

November 10, 2016

期間限定ラッピング −楓−

SOHYA TASでは、只今、期間限定で楓の水引をお付けしたラッピングを承っております。

_MG_8708.jpg
京都の水引作家がひとつひとつ手仕事で仕上げた水引は、贈り物に華を添えてくれます。


_MG_8716.jpg
折々の美しさを持つ日本の四季。
楓の水引から季節の移ろいも感じていただけたらという想いも込めて、
ひとつひとつ、丁寧にお包み致します。

秋の贈り物には、色鮮やかな楓の水引を添えてプレゼントしてみませんか。

November 3, 2016

オンラインショップ リニューアルオープンのお知らせ

SOHYA TAS オンラインショップがより見やすく便利に生まれ変わりました!

スクリーンショット 2016-11-03 11.39.03.png

只今、期間限定で全品送料無料キャンペーン実施中です。


この機会に是非SOHYA TAS オンラインショップをご利用くださいませ。

July 8, 2016

「千總の夏祭り」開催のお知らせ

京都三大祭のひとつ、祇園祭。

京の街が1年で最も熱気に満ちる夜、
京友禅の老舗「千總」が、今年も祇園祭に夏のお楽しみをお届けします。

gionmatsuri.jpg


【開催日時】
2016年7月15日(金)・16日(土)
各日18:00〜21:00
【開催場所】
千總ビル前(京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80)


■千總の線香花火大会
毎年恒例、「千總の線香花火大会」を今年も開催します。
丁寧な手仕事で作られた純国産線香花火の特別な輝きを、
夏の想い出にお楽しみください。

定員:各日150名(先着順)
参加無料

<同時開催>何秒持つか!?線香花火耐久レース!
誰の線香花火が一番長く持つかを競う耐久レースです。
優勝した方には商品をプレゼント!
各日18:30〜、19:30〜

■屋台 produced by 「Café&Bar モダンタイムス」
京都 衣棚通二条。飲食店が軒を連ねる激戦区で日々お客様を唸らせている
「Café&Bar モダンタイムス」の祇園祭スペシャルメニューが登場!
祇園祭の屋台は数あれど、この絶品料理&ドリンクに出会えるのは千總ビル前だけです!

MENU:厚切りベーコン、イカの丸焼き、フローズンモヒート etc.


Facebookでも随時イベント情報を更新中です!
SOHYA TAS Facebook

15・16日はSOHYA TAS、千總ギャラリーも9:30〜21:00で営業・開館致します。

千總の夏祭り2016_ol-01.jpg 千總の夏祭り2016_ol-02.jpg

皆様のお越しを心よりお待ち致しております!

June 8, 2016

千總 線香花火の魅力

昨年も大好評いただきました「千總 線香花火」を今年も入荷致しました。

2015_06_16_0498.JPG
千總 線香花火
¥3,240(税込)


人が手間をかけたものを作り続ける「千總」の視点で選んだ線香花火は、
今ではごく少量しかつくることが出来ない手づくりの国産花火です。


目まぐるしく表情を変え、儚く消えゆく線香花火。

その燃え方には、実は段階ごとに名前がついています。
また、意外に知られていない、線香花火を長く楽しむ方法もご紹介して参ります。


【線香花火の一生】
線香花火pop-03.jpg
点火とともに、命が宿ったかのように酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく火の玉。
今にも弾けそうな瞬間は、さながら花を咲かせる前の「蕾」のようです。


線香花火pop-04.jpg
やがてパチッ、パチッと一つずつ、力強い火花が散り出します。
称して「牡丹」。
迷いながらも一歩一歩進んでいく青春時代を彷彿させます。
火花の間隔は、徐々に短く...。


線香花火pop-05.jpg
やがて勢いを増し、「松葉」のように次々と火花が飛び出します。
結婚や出産、子供の成長、優美な火のアーチを眺めていると、不思議と幸せな出来事が重なります。


線香花火pop-06.jpg
火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。
静かに余生を送る晩年といえます。
赤から黄に変わった火の玉が光を失った瞬間、線香花火の一生は幕を閉じるのです。

【線香花火を長く楽しむ方法】
たった数十秒、儚くも美しく燃える線香花火。
少しでも長く燃え続けて欲しいと誰もが一度は思ったことがあるはず。

そんな線香花火を長持ちさせるポイントはこちら。


(1)
火薬が入った部分(玉といいます)の少し上の
くびれている部分をほんの少し締める。

(2)
下向き45度の角度で持つ。

この2点を実践するだけで、火玉が落ちにくくなり、長く楽しむことが出来るはずです!


帰省時の手土産として、お祝いの贈り物として、
夏ならではのひと品を大切な人と肩を寄せ合って楽しんでみてはいかがでしょうか。